- 未分類-

2020.07.03

てんし組の様子

新年度が始まり、あっという間に3か月が経とうとしています。4月はまだ、4人たっだてんし組も、今は8人になり、賑やかな毎日を送っています。登園時にお母さんやお父さんと離れる際、泣いてしまっていた子ども達も少しづつ園生活に慣れて、笑顔で手を振って登園する姿を見ると嬉しく思います。梅雨に入り、蒸し暑い日が続いていますが、元気いっぱいに遊ぶ子ども達の様子をお伝えしたいと思います

・・・外遊び・・・

お天気の良い日は、外遊びを行っています。コンビカーを押したり、お砂遊びをしたり、好きな遊びを見つけて楽しんでいる子ども達。お山を作ると、それを崩して「おっ!」と声を出して喜ぶ姿は、とても可愛いです。

暑い日には、水遊びを行っています。タライの水に手を伸ばし、水面を叩いて水の感触を楽しむ姿が見られます。スプリンクラーから出るお水に、どんどん近づいて行く姿には驚かされました。ポンプから出てくるお水にも興味津々!水遊びが大好きなてんし組の子ども達です。

・・・雨の日の室内遊び・・・

お天気が悪い日は室内で、デコボコマットやボールプール、知育玩具で遊んでいます。お友だち同士の関わりも出てきて、玩具を「どうぞ」と渡し合う姿は、とても微笑ましいです。

2階にある子育て支援センターの部屋にも遊びに行きました。おままごとやトランポリンがお気に入りです。

・・・お絵描き・・・

てんし組になり、初めてのお絵描きをしました。初めはクレヨンを不思議そうに眺めていた子ども達ですが、「こうやって描くよ」と伝えると、左右に動かしてギザギザを描いたり、トントンと叩いてみたりと、クレヨンに触れ、沢山の色が描かれる事を楽しんでいました。

これから暑い日が続くので、水分補給をしっかり摂り、体調管理に気をつけながら、楽しい園生活が過ごせるようにしたいと思います。

下田

社会福祉法人 伸晃会

〒370-0018 群馬県高崎市新保町297-1 
TEL.027-363-3145 
FAX.027-363-3157 

© SHINKOKAI

ページの上部へ↑