苦情・相談・情報公開

ひよこのイラスト

社会福祉法人 伸晃会が提供する福祉サービスに関する苦情や相談への対応

「苦情申出窓口」設置について

社会福祉法第82条の規定により、本事業所(プリスクール)では利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えることといたしました。本事業所(プリスクール)における苦情解決責任者、苦情受付担当者

1.苦情解決責任者

園長 井草 晃

2.苦情受付担当者

ひよこプリスクール(宮崎 千枝子)
ろっくひよこプリスクール(小池 春実)

3.第三者委員

(1)箱田嘉孝
(新保町第二元区長・元民生委員)
連絡先 027-352-7910

(2)岡本拡子
(高崎健康福祉大学人間発達学部教授)
連絡先 027-352-5558

4.苦情解決の方法
及び第三者委員を下記により設置し、苦情解決に努めることといたしましたので、お知らせいたします。

(1) 苦情の受付

 苦情は面接、電話、書面、メールなどにより苦情受付担当者が随時受け付けます。なお、第三者委員に直接昔情を申し出ることもできます。

(2) 苦情受付の報告・確認

 苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。

(3) 苦情解決のための話し合い

 苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は第三者委員の助言や立会いを求めることができます。なお、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。

ア.第三者委員の立会いによる苦情内容の確認

イ.第三者委員による解決案の調整、助言

ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認

(4) 都道府県「運営適正化委員会」の紹介

 (介護保険事業者は、国保連、市町村も紹介)
本事業者で解決できない苦情は、運営適正化委員会の連絡先:027-255-6669に設置された運営適正化委員会に申し立てる事ができます。

ご意見・ご要望を解決するための
仕組みについて

ご意見・ご要望を解決するための仕組みについて(図)

平成30年度に本制度を利用した苦情申し出はありませんでした。

財務諸表の公開

当法人では、社会福祉法人会計基準に基づく適正な会計処理・様々なニーズに対応する事業の実施など、より良い福祉サービスの提供に努めております。財務諸表は、どなたでも閲覧できるよう各プリスクールに備え付けておりますが、ホームページでも公開しております。

財務諸表

各種情報公開

社会福祉法人 伸晃会

幼保連携型認定こども園 ろっくひよこプリスクール

幼保連携型認定こども園 ひよこプリスクール

第三者評価の受審について

当法人では、ひよこプリスクール(高崎)・ろっくひよこプリスクール(前橋)で行われている福祉サービスの質を向上させること、利用者が施設を選択する際に役立つ情報を提供することを目的に、それぞれの園が第三者評価を受審しています。※児童福祉施設の第三者評価とは、保育所(保育園)、児童養護施設、母子生活支援施設および乳児院で行われている福祉サービスを、公正で中立な第三者機関が、専門的で客観的な立場から評価するものです。
→ ひよこプリスクール(旧、ひよこ保育園) 第三者評価の結果を見る
→ ろっくひよこプリスクール(旧、六供ひよこ保育園) 第三者評価の結果を見る